So-net無料ブログ作成

モスクワ映画祭W受賞「私の男」:二階堂ふみは慶大生 [芸能]

モスクワ映画祭でグランプリを受賞した映画「私の男」は現在公開中です。
今回の受賞の報道で見てみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。
私も禁断の愛と芸術的な映像に惹かれてぜひ見に行きたいと思っていました。

あらすじは、
北海道と東京を舞台に、津波で孤児になってしまった少女・花と、彼女を養女として引き取った男・淳悟の禁断の愛を長い年月の中で描きだすというものです。
殺人事件も織り交ぜられていますが、サスペンス映画ではなく耽美的な映画で、美しい映像や音響が見所なようです。
あとははやり俳優さんたちの演技力
今回モスクワ映画祭で主演男優賞を受賞した浅野忠信さんも「はまり役」ともちろん高評価ですが、注目されているのが二階堂ふみさんです。
宮崎あおいさんに似ているなと思っていましたが、この映画では妖艶な演技を見せていると評判です。

nikaido.jpg
eiga.comより

二階堂ふみさんのプロフィール(Wikiより)

沖縄県出身
1994年9月21日生まれ(19歳)
幼い頃から映画好きのお母さんとよく映画館へ行っていて、最初から映画女優を目指していたそうです。
ファッション雑誌「ニコラ」などのモデルを務めた後2007年に「受験の神様」でドラマデビュー。
以降、多くの映画、ドラマに出演していますが、代表的なものは、

・役所広司の初監督作「ガマの油」
・「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
・園子温監督の「ヒミズ」
・「地獄でなぜ悪い」
など

受賞歴もすごいですよー!

第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)- 作品名「ヒミズ」
第3回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞 - 作品名「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第26回高崎映画祭 最優秀助演女優賞 - 作品名「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞 - 作品名「ヒミズ」「悪の教典」
第35回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 - 作品名「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」「脳男」
第56回ブルーリボン賞 助演女優賞 - 作品名「脳男」「地獄でなぜ悪い」「


A-studioに出演していたときの印象では、19歳らしい、かわいらしい印象でありながら、言葉を丁寧に選びながら話せる頭の良い人という感じでした。

それもそのはず。
二階堂ふみさんは現役の慶応大学生なんですね。
それも、女優業をしながら撮影現場で受験勉強をして合格したそうですよ!
天は二物も三物も与えるんですねえ。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。