So-net無料ブログ作成

【書き起こし】ゴルゴ松本が少年院で感動授業!「ジャネーノ」 [芸能]

ゴルゴ松本さんが6月30日「ジャネーノ」に登場し、赤城少年院で漢字を使った授業をおこないました。
その内容がすばらしい!
スタジオのリリコさん、榊原郁恵さん、Wエンジンのチャンカワイさん、高橋ユウさんも感極まって涙を流していましたね。
「感動した」「かっこいい」「胸が詰まる」とネットでも大変な評判です。

golgo.jpg
http://www.geinoujin-blog.jp/blog-entry-1529.htmlより

見ていない人のために、内容を紹介しちゃいましょう。
以下、「ゴルゴ松本の感動授業」書き起こしです。
----------------------------------------

夢をかなえる方法を教えるぞ。

辛いことがあったらどんな言葉が出る?
「うぜえな」「くそっ」「やってらんねえ」「やーめた」「なんでおればっかり」
愚痴をいう。弱音を吐く。マイナスのことをいう。
「吐く」という字はプラスマイナス。
いいことも悪いこともどんどん言葉に出せということ。
イヤなことは吐き出せばいい。

でも成功する人はそこから少しずつ変化していくんだ。
弱音は吐かなくなっていく。
ポジティブシンキング。いいことだけ、夢だけを言っていく。
俺はこうなる。といったらそのために必要なものが近づいてくるんだ。
だからマイナスのことを吐かなくなる。

いいことも悪いことも言っていいけどその後が大事。 少しずつマイナスのことをとっていく。 (「吐く」という字のマイナスを消す) 何ていう字になりますか?「叶う」
そうすれば夢が叶う。実現していく。
(少年たちがノートを広げてメモを取り始める。)


自分の到達したい目標までちょっとまだ足りないなと思ったら軌道修正しながら最終的な目標は変えないんだ。
紆余曲折しながら遠回りしながらでもここまで行けばいいじゃないか。
でもこれは危険だなと思ったら回避する。そこから「逃げる」んだ。
夢は叶うからな。危険だと思ったら逃げていい。「しんにょう」に「兆し」だ。
そしてまた時間をおいて「しんにょう」を「てへん」に変えたら「挑む」という字になる。挑戦の「挑」だ。
しんにょうからてへんに変えただけで意味が違うだろ?
だけど、ここ(兆し)の意味は似てるんだ。


「幸せ」の反対は「辛い」。
似てるね。
辛い方は1本足りない。1本足せば「幸せ」。
幸せから1本取ると「辛い」。 幸せな状態でも何かが欠けたら辛くなる。
「苦しい」「困る」「災い」
苦難、困難、災難、こういうことがあるから不幸って思うんだ。
こういうことがおきない人生を「無難」という。無難な人生。
きみたち無難に生きてきてないよね。
無難な人なんて誰一人いないんだ、実は。
こういうことがある人生は「有難い」
苦難、困難、災難が起きたら普通は嫌じゃん。
だけど嫌なことが起きたことを「有難し」っていうんだ。
昔の人ってすげーだろ?
俺たちの先祖はそうやって言葉を作ったんだ。


(休憩を挟む。なぜか後輩芸人あばれる君のコント)


「命」のギャグは山を見ていて思いついた。

「命」という字は人を一叩き(ひとたたき)と書く。
殴ったり蹴ったり相手を痛めつけることで命を感じる。
これは大間違い。
寝てるとき、無意識のとき、いまも叩き続けているものは何ですか?
心臓。
ドクンドクン、心臓の一叩き一叩きは連続しているだろう?
触ってみな?自分の心音。血が流れて心臓が動いている証拠だ。
この一叩きの連続が命だ。
命というのは、命がけでみんなを産んでくれたお母さんが一人いるんだ。
人間はすべて女性から生まれる。
すべての始まりは女。
女へんに女が土台で「始まる」という字
すべての始まりは男も女も女なんだ。

だから女の人を粗末にしたら絶対にダメなんだ。
女の人は守ってやりやさしくしてやり尊敬しなきゃだめなんだ。

君たちを産んでくれたお母さんは命を懸けて産んでるんだ。
命を懸けて産んだはいいが死んじゃった人なんかたくさんいるんだ。
自分の子供を見る前に。
そういう命がけのものが出産なんだ。
これを人間はずーっと繰り返してきた。
ここからはみんなが命をつなげていく作業なんだ。

だからこれからもうちょっと勉強しながらここで頑張って外へ出たら思いっきり命を広げていってください。

今日の授業はこれで終わりにします。

(全員で「命」のギャグをして締める)


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。